2017~ © 真陽堂

​京都市北区紫野

  • Grey Instagram Icon

おしらせ

末年始の開院日について

年内は12/28(土)まで、年始は1/5(日)から開院いたします。

​ベッド1台の小さな鍼灸院の為、年内の施術をご予定の方はお早めのご予約をお勧めしております。

※1/13(月祝)開院いたします。

 1/15(水)都合により休診とさせていただきます。

施術料金改定について

 

 

この度、10月からの消費税率の変更に伴い施術に使用する鍼やお灸その他の値上げにより、施術料金を下記の通りに改定させていただくことになりました。

 

施術料金

大人 4500円→5000

大学生 4000円→4500円

高校生 3000円→3500円

中学生以下→2000円(変更なし)

*全て税込となります。

 

患者様へのお伝えが遅れてしまいましたので、10/31までの施術は今まで通りの施術料金とし、変更は11/1からとさせていただきます。

ただし現在定期的に通院されている方には、11月以前を含む前回の来院日から30日以内にご来院下さる場合、年内は今まで通りの施術料金にて診させていただきたく思っております。

(2020年1月より一律新料金となります。)

 

 

ささやかですが11月以降ご家族やご友人などをご紹介下さった場合にも、お1人につきご紹介の患者様とご紹介者様共に500円引きさせていただきます。

 

*ご紹介の患者様→初回料金500円引き、ご紹介者様→次回ご来院時500円引き、(有効期限はご紹介の患者様がご来院されてから1ヶ月以内、ご利用は1回のみとなります。また上記30日以内の再来院とご紹介サービスの併用はできません。)

 

 

もしご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

今後も真陽堂で身体を整える時間に価値を感じていただけるよう、努めてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

夏の間、ご予約の最終受付時間を午後7時まで延長しておりましたが、9月からは今まで通り午後6時とさせていただきます。(7時からの施術をご希望の方は6時までにお電話にてご相談下さい。可能な限り対応させていただきます。)

 鍼って気持ちええもんやなあ。

なんか最近体の調子ええ気がするわ。

​…

これまで鍼をうけたことのないひと

まえに痛くて鍼がこわくなったひと

そんな方たちにも 鍼灸と東洋医学を

もっと身近においてもらえるように。

患者さんのつらい症状を心地よい鍼でとるには

どうすればいいのかを日々考えながら

友達のお家にふらりと立ち寄るように通える​

そんな身近な鍼灸院をめざしています。 

はりと衛生管理についてはコチラ

施術の様子

​治療方針についてはコチラ

本治標治

四診によって体の状態と病理(東洋医学では証といいます)がわかれば、おのづとどこにどんな鍼をすればいいのかが決まってきます。病のおおもとに効くはりと今出ている症状に効くはりの両方をすることで根本から治癒に導きます。

四診

望診(見る)、聞診(聞く、嗅ぐ)、問診(尋ねる)、切診(触れる)の四つによって病の場所、性質、勢いなどを判断します。当院では切診のなかでも特に両手首の動脈拍動によって全身の状態を診る脈診を重要視しています。

背部置鍼

背中には上半身に上った気を足元まで引き下げる経絡が通っています。本治-標治で整えた気をよどみなく循環させるためにうつぶせになった背中から足元に浅いはりを20本ほど置いていきます。その状態で患者さんには10~20分ほど休んでいただきます。

お灸

はりだけでなく体の状態にあわせてお灸もします。米粒より小さくても血流をよくしあたためるお灸、それより大きいけれども局所的に汗をかかせて表面の熱を冷ますお灸、刺さったはりの頭にのせて輻射熱で体の奥まであたためるお灸などを使い分けます。

施術のあとに

季節やひとりひとりのお体にあわせたお茶をブレンドしてお出ししています。

院長 太田 陽一

はり師

きゆう師

あん摩マッサージ指圧師

(国家資格​)

趣味:瞑想と散歩

受付・助手 太田 真穂

日本漢方養生学協会認定

​上級漢方スタイリスト

趣味:読書と猫と過ごすこと